日々思うこと



息をして そこに居て



真綿に包まれたような 微かな息苦しさともどかしさ
少しずつ 少しずつ 拘束は強さを増していく
それと気づいた途端 焼け付くほどの焦燥感と 息を詰まらせた痛みに
見えない両目を見開いて
ただ空-クウ-を掻くわたしの腕は まるで枯れた老木のようだった

微かな足音すら聞きつけて けれどもう動けない
おまえもそれ以上 近づいてはこないだろう

それでもいい 伸ばした手に触れてなどくれなくて

ただ 息をして そこに居て

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

初書は大学時代。だいぶ内容変わったけど。
...しかし暗いなぁ... なんで今書くとこうなるんだろう。


[PR]
by gekka131 | 2006-06-10 18:43 | 浮かんだあれこれ
<< まるでフィクションのような風景 これだから雨って... >>

コメント大歓迎。ただし私が不適当と感じたものは削除させて頂きます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31