日々思うこと



重ねて 重ねて



1つ 嘘を吐きました
咄嗟に出た 嘘でした
吐いた端から 「何でこんなこと?」 って 自問するような
どうでもいい 意味のない 無価値な嘘でした

けれど その嘘を信じた人がいて
無価値な嘘に "好意" と "行為" を重ねてくれました

わたしはとても驚いて
また 嘘を吐きました
"好意" を受け取り "行為" を回避するために
いくつも いくつも 嘘を吐きました

どうでもいい 意味のない 無価値な嘘を隠すために
1つ また1つ そしてまた1つ

どうでもいい 意味のない 無価値な嘘を 吐きました

重ねて 重ねて ただ重ねて
いつか崩れることを怯えながら また1つ 嘘を吐きました

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

嘘っていろいろあると思うけど、それも嘘吐きの自己弁護かもしれないと、たまに思います。
だけど、「相手を思っての嘘なら仕方ない」とか、そういうことすら言えない...弁護する価値すらないと、自分で感じてしまう嘘は、吐かない方がいいんです。
くだらない見栄から出たものなら、尚更。

[PR]
by gekka131 | 2006-06-20 22:32 | 浮かんだあれこれ
<< 映画「DEATH NOTE」2 基本的には焼いてもらう派ですが >>

コメント大歓迎。ただし私が不適当と感じたものは削除させて頂きます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31