日々思うこと



厳しく、喜びがあるもの



それが仕事なんだと思うと、言った人がいる。
しんどいことが多くて、辛いと思って、それでもそれを払拭して余りある喜びを味わうことができるんだと。
そういう点に於いて、サービス業はその喜びがわかりやすいものだと思う。
たとえば、お客さんに「ありがとう」って言ってもらえるだけでもいい。
いつも言ってくれる人の言葉も嬉しいけど、普段は何も言わない人だとか、まるで知らない人だとかに言われたら、もっと嬉しい。
自分のしたことで、誰かが「嬉しい」と思ってくれた。
ただそれだけのこと。
単純なことだからこそ、強いことだった。


今日は久しぶりの休みだった。
お互いに仕事のストレスを持ち合って、久しぶりなのに険悪な空気になってしまった。
悔しくて、悲しくて、何でこんなことになるんだろうと思ったら、泣けてきた。
お互いにあまりに余裕がなさすぎた。
喧嘩すらもできずに、ただただ無言の時間が長かった。
言いたいことをぶつけ合えば解決するような、そんな単純なすれ違いではなかった。
悲しかった。

いつまでこんな時間を持てば気が済むんだろう。
互いの距離感がわからなくなって、互いに望んでいることが見えなくなってしまう前に。

[PR]
by gekka131 | 2006-08-05 23:30 | 何となく考えること
<< 遅ればせながら、「ゲド戦記」を... ようやく一息つきまして >>

コメント大歓迎。ただし私が不適当と感じたものは削除させて頂きます。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31