日々思うこと



2006年 07月 08日 ( 2 )


そういえばさ


昨日って七夕だったじゃん。
もうすっかり忘れてた...つーかそれどころじゃなかったよ。
「あー...今日は久々に21時前に帰れる~♪」とか言ってたよ。

近所...というか、最寄駅前(全然違うし(笑))で七夕祭りをやってるそうです。
まぁ、これって毎年恒例なんだけど。
今日の21:00のニュースで、そんなことをちらっとやってて、むしろそっちにびっくりした(笑)
そういえば、何だかここ数年、やたらと浴衣姿の人を見かけるようになりました。こういうお祭りで。
わたしも、浴衣ってこういう時期でないと着れないから、すごーーーーく好きなんですが、如何せん、1人では着れないというナサケナイ事情がありまして。
特に帯とかさぁ...結べないんですよ、不器用すぎて(笑)
で、下駄も履き慣らしすることなんかないもんだから、絆創膏は必需品。
しかも、歩き方が下手なんだか、前もって絆創膏貼っといても、剥がれてきちゃう。
だめじゃん(笑)

短冊って、よく色つき折り紙で代用してたっけ。
ひとつひとつは大したことないのに、何だかものすごく特別なものに見えていたあの頃。
輪つなぎひとつ作るのにも、自分なりの工夫を凝らしてみたりしてた。
もう忘れちゃった。 あの頃の気持ち。
本当は、大人こそ思い出しておきたい気持ちなのかもしれないのに。

疲れたのかな。 それとも、当てられちゃったのかな。
持ち込んでいいことなんて絶対ないのに。

[PR]
by gekka131 | 2006-07-08 22:14 | 日記

はがきは用意するんだけど

暑中見舞い、書いていますか? | Excite エキサイト

肝心の中身を書かないか、あるいは投函するのを忘れるか...ってパターンが多いですね、わたしは。
普段の手紙も、たまにものすごく書きたくなる(綺麗な便箋とか見つけた時なんか特に)んだけど、やっぱりちゃんと投函した数って結構少ない。
我ながら、むちゃくちゃ勿体ない(笑)

普段全然連絡を取ってない人とかでも、ちょっとしたはがきなんかがくると、わたしは結構嬉しい。
「ああ、頑張ってるんだなぁ」って思う。
進路とか、仕事とか、全然決まらなくて焦っていた頃は、何だかそのあとで物凄く自分が惨めになっていたんだけど、でも、やっぱり嬉しかったなぁ...
覚えててくれてるんだとか、気にかけてくれてるんだとか、そういうふうに思えたから。

今年は久しぶりに書いてみようかな、暑中見舞い。
ちゃんとした文章じゃなくてもいいから、ちゃんとわたしの言葉で、わたしの字で。

[PR]
by gekka131 | 2006-07-08 21:54 | 気になったこと

コメント大歓迎。ただし私が不適当と感じたものは削除させて頂きます。