日々思うこと



2006年 08月 30日 ( 1 )


掘れ掘れ



時間というのは当たり前に過ぎていくもので、気がついたらもう○年...なんてこともあるのかもしれない。
と、いうか、日常なんてそんなものの積み重ねかも、と。
どれだけ経っても忘れられない思い出と、数日もすれば忘れてしまう記憶と。
変化のない『日常』は、思い返すものがない。

大学の頃、それまで以上にいろんな人と出会う機会があって、
価値観の違い、言葉の違い...いろんな違いを見つけて、それでも友人として、ともに過ごした人たちが居た。
卒業して互いの時間と仕事を持って、互いの生活を持って、日常の中から互いの姿が薄れていって。
それでも、たまに交わす電話越しの声だとか、ネット上で見かける彼女たちの言葉だとか、姿だとか。
それは決して『非日常』ではなく、あくまで『日常』の中の出来事。
懐かしい人と話すこと、会うこと。
それは決して特別なことではなかった。

もうすぐ結婚する友人がいて、もう母になっている友人もいて。
もうじき彼女たちに出会える。
その時はきっと、わざわざ掘り起こさなくても、記憶は蘇るのだろう。
あの頃の感情を伴って。

[PR]
by gekka131 | 2006-08-30 10:09 | 日記

コメント大歓迎。ただし私が不適当と感じたものは削除させて頂きます。