日々思うこと



カテゴリ:何となく考えること( 4 )


命 傷 死



エキサイトでニュースを見た時、気になった記事が3件。

<子猫殺し>直木賞作家・坂東さんがエッセーで告白
傘で目突いた女を逮捕 京王百貨店新宿店の催事場
<殺人事件>談笑中の高校生、男に襲われ2人死傷 宮崎

関連性はないようで、だけど無視することはできませんでした。
傷害事件、殺人事件、子猫殺し...他者を傷つけ、命を奪う。
理由なんかあるんだろうか。 後付されたものではなくて、傷つけたり命を奪ったりするほどの強烈なエネルギーを持つ理由。
へんな言い方かもしれないけれど、誰かを傷つけたりするのは、勇気が要る。
だけど、突発的な行動にはそんなもの要らないのかも。
必要なのは瞬間的な爆発力だけで充分なのかも。
宮崎で高校生を死傷した男はその類じゃないのかな。
「キレる」のは若者だけじゃないよ。もっと怖い大人だって、大勢いる。

直木賞作家の坂東さんは、「避妊手術も、生まれてすぐの子猫を殺すことも同じことだ」と主張しているらしい。
そうかな、わたしは違うと思う。
子猫を産ませて、すぐに捨てる? それは、産まなきゃ可愛そうだから産ませてあげたのよ、とか、産まれてこれただけでも充分でしょ、って言っているように聞こえる。
うちにも猫を今1匹飼っていて、昔はもう1匹居て、子猫をたくさん産んでました。
最初のうちは一緒に住んでいたけれど、やっぱりどうしてもそれ以上は無理になって、避妊手術を受けさせました。
それを人間のエゴだという人もいるかもしれないけど、家猫である以上、猫に対する責任があります。
手に負えなくなるとわかっていて、あとになって引き離すことになるだろうとわかっていて、それでも産ませてあげることがいいことなのかは、わかりませんでした。
自分の子どもと引き離された親猫は、その子を探します。
何度も見たい光景じゃないです、その姿は。

多くの死を見て、死に慣れてしまう人。
多くの死を見て、死の怖さを知る人。
慣れた人は、いつか自分でも平気になるかもしれない。
怖さを知った人は、今まで以上に周りの命を大切に思えるようになると、いいな。

異常さなんて、きっと誰もが持っていて、誰でも『誰か』から見れば異常なところがあるんだろう。
それを自分の中で消化し切れずに(あるいはその気もなく)外に向かって発信したがる人は、世間から白い目を向けられる。牙を向けられる。
自分の中でのみ展開するのなら、それは他人が口出しするべきことではないけど。
坂東さんに賛同する人もいるんだろうな。
それに対してどうこう言う権利はないけど、もしわたしの周りにいるのだとしたら、その人との縁はそれまでになる。

[PR]
by gekka131 | 2006-08-24 11:15 | 何となく考えること

厳しく、喜びがあるもの



それが仕事なんだと思うと、言った人がいる。
しんどいことが多くて、辛いと思って、それでもそれを払拭して余りある喜びを味わうことができるんだと。
そういう点に於いて、サービス業はその喜びがわかりやすいものだと思う。
たとえば、お客さんに「ありがとう」って言ってもらえるだけでもいい。
いつも言ってくれる人の言葉も嬉しいけど、普段は何も言わない人だとか、まるで知らない人だとかに言われたら、もっと嬉しい。
自分のしたことで、誰かが「嬉しい」と思ってくれた。
ただそれだけのこと。
単純なことだからこそ、強いことだった。


今日は久しぶりの休みだった。
お互いに仕事のストレスを持ち合って、久しぶりなのに険悪な空気になってしまった。
悔しくて、悲しくて、何でこんなことになるんだろうと思ったら、泣けてきた。
お互いにあまりに余裕がなさすぎた。
喧嘩すらもできずに、ただただ無言の時間が長かった。
言いたいことをぶつけ合えば解決するような、そんな単純なすれ違いではなかった。
悲しかった。

いつまでこんな時間を持てば気が済むんだろう。
互いの距離感がわからなくなって、互いに望んでいることが見えなくなってしまう前に。

[PR]
by gekka131 | 2006-08-05 23:30 | 何となく考えること

「喧嘩両成敗」



わたしは、この言葉について誤解していたのかも。

「喧嘩両成敗」
 理非を問わず、喧嘩をした者を両方とも同じように罰すること。 大辞林 第二版 (三省堂)

理非を問わず。つまり、道理に合っていること外れていることに関係なく、ってことなのか?
だとしたら、ちょっと事情が変わってきてしまうのだけれど。


連日ニュースになっている(少し下火のような気もするけれど、過去形にするにはまだまだ早い)、奈良高1放火殺人。
逮捕された16歳の長男の様子や供述、父親のコメントなど、いろいろな情報が飛び交っている。

一番初めは、親が悪いのだと思った。長男を...子どもを、自分の感覚だけで縛り付けていたような気がしたから。大体、勉強部屋をICUと呼ぶなんて辺りがもう、わたしの中で「異常」だった。
だけど、報道が重ねられていくうちに、長男に対しても、非好意的な部分が出てきた。
サッカーが見たくて民家に忍び込んだだとか、あげく居間でテレビを見ていたところを見つかっただとか。
ありえない。信じられない。何なんだこいつは。
そう思った。
父親との軋轢だとか、本当の成績を知られたくなかっただとか、正直「そんなことで殺すなよ」と思わないわけではなかったけれど(成績が云々という件は特に)、彼が感じた痛みや恐怖をわたしは知らない。
第3者から見れば "そんなこと" でも、本人にとっては耐え難いことだったりする...むしろ、そんなのばっかりだ。その人のことはその人にしかわからないんだから。
だけど、それを差し引いても...好意的には見れない行為だった。

取調べの合間、ハリーポッターの本を熱心に読んでいる。

その辺りにも首を捻る。 罪の意識に押しつぶされろ、なんて言うわけじゃないけど、彼は本当に自分のしたことがわかっているんだろうか。
3人の命を奪ったということがどういうことか、本当に自分の心で感じているんだろうか。


わたしは親じゃないし、親にレールを敷かれた子どもでもないから、どちらが悪いのかだとか、どうすればよかっただとか、正直なところよくわからない。
ただ、起きてしまった現実だけしかわからない。
家が焼かれ、3人の命が奪われ、少年は逮捕された。
これだけが、もう覆しようのない事実で、現実だ。
リセットなんかできない。

[PR]
by gekka131 | 2006-06-25 18:16 | 何となく考えること

言葉の難しさ



誰かと話すとき、ものすごく痛感するもの。
当たり前なのだけれど、わたしの思惑...というか、考え方というか...は、必ずしもその通りに相手に伝わるわけではない。
むしろ、別の受け取り方をされる方が多いんじゃないだろうか?

だけど、それはもうしょうがない。
できるだけ簡単な言葉で...と思うけれど、何とか自分の感じ方がそのまま相手にも伝わるように、と思ってしまうもの。
それが却って曲解される原因じゃないかなーなんて思ったりもするんだけど。
まぁ、わたしの場合は余分な言葉が多すぎるってこともあるんだろうな。
もう基本的に下手なんだろう、しゃべることが。

「怒ること」と「叱ること」
「悩むこと」と「考えること」
何だか似たような感じがするけど、実際は大違いだ。
よく言われるよ、わたし。
『考えるのはいいけど悩むなよ』って。
自分でも言ってた時期がある。
『考えることは無駄じゃない。でも、悩むことは無駄だ』って。
...多分、本当の意味で『無駄』なんてこと、ないんだろうなって思うけど。
でも、それを実感として納得するまではいってない。

『悩む』ってことは、堂々巡りに似てる。多分、感情的になってる部分が多いからじゃないだろうか。
別の選択肢が見つからなくて、あーでもないこーでもないってひたすらぐるぐるしている感じ。
そうしている時って、やっぱり焦ってしまうし苛々するし。いいことない。
だから、そうしていた時間が勿体なかった、って思ってしまう。
それはやっぱり『無駄』だったんだろうなって結論に行き着いてしまう。
ほーら、やっぱり納得してない(笑)

考えながらしゃべること、わたしはそれがとても苦手。
その時に浮かんだこと、思ったこと、考えたこと。それが、その時はわたしの『意見』。
他の人の意見を聞いて、「ああ、なるほど確かに」って思ったり、「それはちょっと違うんじゃないかなー」って思ったりすると、またその時の『わたしの意見』ができあがる。
だけどそれは、どちらも『結論』じゃない。わたしが納得した『答え』じゃない。

...本当は、そんな中途半端なものを、こうして人目につく場所に記すこと自体、間違っているのかもしれない。
でも『その時』に感じたことは、『その時』にしか書けないし言えない。
わたしは、それらをちゃんと記憶にとどめておくなんてことができないから、あとで考える材料にするためにも、やっぱりその都度、書き留めておきたいと思う。

...なんて、そんなことばっかするから、脈絡なかったり矛盾した文章になるんだろうけど(笑)

言葉は難しい。
口にした瞬間、それはわたしから離れて、それを受け取った人の中で処理され、意味を持つ。
その処理過程で使われる材料は、それこそ千差万別で、何となくでも伝わっていたり、あるいはまったく別の受け取り方をされたりする。
その意見をぶつけ合ったところで、互いを理解するなんてこと、きっとできない。

本当に、とても難しい。
人間も、言葉も、感情も。

[PR]
by gekka131 | 2006-05-29 23:00 | 何となく考えること

コメント大歓迎。ただし私が不適当と感じたものは削除させて頂きます。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30