日々思うこと



<   2006年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧


掘れ掘れ



時間というのは当たり前に過ぎていくもので、気がついたらもう○年...なんてこともあるのかもしれない。
と、いうか、日常なんてそんなものの積み重ねかも、と。
どれだけ経っても忘れられない思い出と、数日もすれば忘れてしまう記憶と。
変化のない『日常』は、思い返すものがない。

大学の頃、それまで以上にいろんな人と出会う機会があって、
価値観の違い、言葉の違い...いろんな違いを見つけて、それでも友人として、ともに過ごした人たちが居た。
卒業して互いの時間と仕事を持って、互いの生活を持って、日常の中から互いの姿が薄れていって。
それでも、たまに交わす電話越しの声だとか、ネット上で見かける彼女たちの言葉だとか、姿だとか。
それは決して『非日常』ではなく、あくまで『日常』の中の出来事。
懐かしい人と話すこと、会うこと。
それは決して特別なことではなかった。

もうすぐ結婚する友人がいて、もう母になっている友人もいて。
もうじき彼女たちに出会える。
その時はきっと、わざわざ掘り起こさなくても、記憶は蘇るのだろう。
あの頃の感情を伴って。

[PR]
by gekka131 | 2006-08-30 10:09 | 日記

命 傷 死



エキサイトでニュースを見た時、気になった記事が3件。

<子猫殺し>直木賞作家・坂東さんがエッセーで告白
傘で目突いた女を逮捕 京王百貨店新宿店の催事場
<殺人事件>談笑中の高校生、男に襲われ2人死傷 宮崎

関連性はないようで、だけど無視することはできませんでした。
傷害事件、殺人事件、子猫殺し...他者を傷つけ、命を奪う。
理由なんかあるんだろうか。 後付されたものではなくて、傷つけたり命を奪ったりするほどの強烈なエネルギーを持つ理由。
へんな言い方かもしれないけれど、誰かを傷つけたりするのは、勇気が要る。
だけど、突発的な行動にはそんなもの要らないのかも。
必要なのは瞬間的な爆発力だけで充分なのかも。
宮崎で高校生を死傷した男はその類じゃないのかな。
「キレる」のは若者だけじゃないよ。もっと怖い大人だって、大勢いる。

直木賞作家の坂東さんは、「避妊手術も、生まれてすぐの子猫を殺すことも同じことだ」と主張しているらしい。
そうかな、わたしは違うと思う。
子猫を産ませて、すぐに捨てる? それは、産まなきゃ可愛そうだから産ませてあげたのよ、とか、産まれてこれただけでも充分でしょ、って言っているように聞こえる。
うちにも猫を今1匹飼っていて、昔はもう1匹居て、子猫をたくさん産んでました。
最初のうちは一緒に住んでいたけれど、やっぱりどうしてもそれ以上は無理になって、避妊手術を受けさせました。
それを人間のエゴだという人もいるかもしれないけど、家猫である以上、猫に対する責任があります。
手に負えなくなるとわかっていて、あとになって引き離すことになるだろうとわかっていて、それでも産ませてあげることがいいことなのかは、わかりませんでした。
自分の子どもと引き離された親猫は、その子を探します。
何度も見たい光景じゃないです、その姿は。

多くの死を見て、死に慣れてしまう人。
多くの死を見て、死の怖さを知る人。
慣れた人は、いつか自分でも平気になるかもしれない。
怖さを知った人は、今まで以上に周りの命を大切に思えるようになると、いいな。

異常さなんて、きっと誰もが持っていて、誰でも『誰か』から見れば異常なところがあるんだろう。
それを自分の中で消化し切れずに(あるいはその気もなく)外に向かって発信したがる人は、世間から白い目を向けられる。牙を向けられる。
自分の中でのみ展開するのなら、それは他人が口出しするべきことではないけど。
坂東さんに賛同する人もいるんだろうな。
それに対してどうこう言う権利はないけど、もしわたしの周りにいるのだとしたら、その人との縁はそれまでになる。

[PR]
by gekka131 | 2006-08-24 11:15 | 何となく考えること

思わぬ収穫...といっていいのやら



来月に多額の出費があるというのに、久々に買ってしまいました、ゲーム。
しかも、あんまり興味ないよレベルのヤツ。
再来月だかそのあとだか、ものすごくほしいよってやつが2本もあるのに。

...阿呆だ。

でもね、もったいないからね。早速プレイしてみました。
ホントは「ヴァルキリープロファイル2」でも買ってやろうかと思ってたんだけど、何か1以上にめんどくさそうだし、何かつまらないだろうという話も聞いてたもんだから。

...やめた。

で、代わりに買ったのが「ときめきメモリアルGirl's Side 2nd kiss」とゆーヤツで。
最初は攻略する気ゼロで。
雰囲気だけ掴もうと思ってやってみました。

攻略できちゃったよ、若王子。

感想はまた後日...
それよりもわたしは、エキストラとしてあの三宅さんがいたことに狂喜乱舞しました。ぇぇ。
ゲーム内容そのものよりも、そのことに感激(ぉぃ)
もっとしゃべれとばかりに、攻略よりも「華原雅紀を探せ!」みたいな勢いで、聞き耳を立ててました。

...時間がないので暴走気味。

[PR]
by gekka131 | 2006-08-23 19:50 | 日記

眾多的別人



沉默不談

寡黙を美とし、徳とすることはあるだろうか。
不用意な発言は混乱を招き、時に人を傷つけ、自らをも窮地に陥れる。

けれど、語らずして伝わることの如何に稀少なことか。
伝えたつもりで届かなかった想い。
理解したつもりで見当違いの解釈をしていたこと。
それに気づかぬまますれ違い、道を違えたことはなかっただろうか。
他人である限り、2度とは交わらぬ道かも知れぬのに。

  沈黙は不安を呼び、不安は疑心を呼び覚ます。
  疑心は不審と変わり、やがて不審は不信となる。
  そして、それすらも風化する頃には、もはや関心すら失っていた。


自由的人

他人に対して、理解を求めることは不毛なことか。
彼らはしょせん己ではなく、すべてを解することもなく、すべてを肯定することもない。

それでも望むのは愚かなことか。
醜さも愚かしさも身勝手さも、素直さも感情も容姿すらも。
そのすべてを認めてほしいと望むのは。

刹那的な変化など、望まない。
劇的な変化など、望まない。
ただ心穏やかに、自由でありたいと願う。

理解などされなくてもよいと言い切り、見事我が道を突き進む者よ。
その道は自由か。
束縛はないか。
怒りは、憎しみは、哀しみはないか。
後悔はないか。

その道は幸福か。

その道は孤独でないか。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

眾多的別人 → 大勢の他人
沉默不談 → 黙して語らず
自由的人 → 自由な人

[PR]
by gekka131 | 2006-08-21 13:01 | 浮かんだあれこれ

WG東京大会3日目



さすがに今夜は「やった~♪」とか言えません...
日本はブラジルに0-3のストレート負けをしてしまいました。
前2試合を見て、特にキューバにストレート勝ちをしたことで、かなり勢いづいたような気はしたんですけど...
やっぱりブラジルは強いですね。

今回の注目選手は、やっぱり14番の「あしたのバンジョー」こと小山選手。
特にあの強烈なバックアタックがすごかった。
後半だったから余計に焼きついてるのかもしれないけど、彼女の名前は当分忘れられないと思います。

東京大会は今日までで、次はソウルでポーランド、ロシア、韓国との戦い。
どの試合も、笑顔で終えてほしいと思います。
頑張れ!!

[PR]
by gekka131 | 2006-08-20 21:25 | 日記

WG東京大会2日目



やったやった~♪
昨夜のキューバ戦に続いて、韓国にも3-0のストレート勝ち!!
何だかリズムが掴め切れてないような、見ていてちょっともどかしい感があった場面もあったんですけど。

実は、荒木選手と落合選手については、今回のWGで初めて存在を知りました。
ユニフォームのニックネームの件も、今知りました(笑)
何で高橋選手は「SHIN」なのか不思議だったんですよね~...そういう理由かぁ。
まぁ、その辺は別にどうでもいいんですけど(笑)

2セット目後半辺りからだいぶ雰囲気が変わってきたような気がして、3セット目はほとんど片手間に見てしまいました(笑)
スポーツは何だかんだ言ったって、経過よりも結果がすべてだと思うので、セットカウント3-0という結果は本当にすごいです。
明日のブラジル戦はさすがにそうもいかない気はするんですが、間違いなくいい試合を見せてくれそうで、やっぱり今からわくわくします。

[PR]
by gekka131 | 2006-08-19 21:32 | 日記

バレーボール



勝った勝った~♪
日本がキューバに、世界ランキング第4位のチーム(...合ってるよな(笑))に、ストレート勝ちした~っ♪

ものすごーく興奮しました。
第1セットを取るか落とすかって、やっぱりかなり大きいなぁ。
かなりの接戦になっていたから、余計に。
竹下選手、相変わらずすごいですね。
菅山選手がリベロとしての出場だったのは、意外だったかな。アタッカーじゃなかったけ? って。

サッカーも野球もボクシングも...というか、スポーツに対しての関心が薄いわたしですが、バレーボールは別です。
明日も19:00から試合ですね。
絶対見るぞ~。

[PR]
by gekka131 | 2006-08-18 21:47 | 日記

沁み込む 浸み入る



「暑い」

恨めしい声を発して 眩しすぎる日差しに手をかざす

じわじわと照りつける日差しと ごろごろと低く叩きつける雷鳴

青い空と黒い雲

  『侵食されていく』


ばらばらと傘を打つ音が響いて

ふとあげた顔の先にあったのは

赤い 空だった


じわじわと沁み込んできたじっとりとした水は

やがてわたしに浸み込んでいくのでしょう

[PR]
by gekka131 | 2006-08-17 23:17 | 浮かんだあれこれ

葡萄甘いか酸っぱいか



b0106645_21424214.jpg
送り火も焚いてないのに、すでにお下がりを頂いている我が家...(笑)
種のない巨峰...? だそうです、この葡萄。
食べてないけどね(笑)
デラウェアが好きです、わたしは。
あれ1粒1粒バラにして凍らせると楽しいし、美味しいんです。
面倒だけど。
マスカットも好きです。


b0106645_21432738.jpg
そして何か知らんが見つけてしまった、ハート型の葡萄(笑)
多分2粒分くっついてるんだと思うんだけど、ちょっと見事な具合だったものだからつい。

この葡萄、母がとりあえず食べていたのですが、酸っぱいらしい。
「ハート(型の)は甘いかな」なんて父が言ってました。
結果は...食べてないので知りません(笑)


...しまった!! 兄がいる間にたこ焼きパーティーできなかった!!
しかも、唐辛子チョコまで食べさせ損ねた!!!
次に帰ってくるのは確実に年末。

...それまでは...さすがにもたせちゃだめだよね<唐辛子チョコ
...チッ(笑)

[PR]
by gekka131 | 2006-08-16 21:52 | 日記

せめて1年に1度くらいは手を合わせましょう



午後に親戚の伯父夫婦が焼香のためにいらっしゃいました。
別に遠いわけじゃないんだけど、さすがに「自転車できました」って言ったらかなりびっくりされる距離だから、会うのは久しぶり。
みんな大きくなったこともあって、年始にすら集まることがなくなって久しいのです。
焼香をしてもらって、すぐに伯父夫婦は帰ってしまったので、せっかく帰省している兄とも会えずじまい。
がっかりしてたんじゃないのかな、そうは言わなかったけど。

その後、わたしは兄の運転する車で買い物へ。
さすがに自転車で走り回りたい天気じゃなかったし、せっかくいるんだもの。使わないと(笑)
来月に迫った友人の結婚式に備えて、小物だとかバックだとか服だとかを買いにいったわけです。
といっても、ほとんど...つか全部、店の人任せだったんですけども。
...着てみせたら、絶対母が一言二言、文句(?)を言うのは目に見えているので、実はあまり家では着たくないわたしです(笑)
そして更にその後、兄とともに伯父宅へ。
父方の祖父母の仏壇が、伯父宅にあるのでした。
先日、ジャムを届けにお邪魔したことがあったのですが、焼香せずに帰ってきてしまったし...
兄もせっかく帰省しているのだし、ここ何年か会えずにいる従姉弟にも会いたいし...
理由なんかどうだっていいんですけど(笑)

いざ仏壇を前にして、わたしはある人の話を思い出しました。
新たなお葬儀をする場合、地域によっては仏壇の扉を閉めてしまうのだとか。
本当は、故人がご先祖様のもとへ行くための道だから、それはだめなんだそうです。
「閉めたかったら閉めてもいいよ」なんて仰るご住職もいらっしゃるようですが...やっぱり閉め出しはねぇ...
って、話がずれた(笑)
つまり、迎えに来てくれたご先祖様は、御仏壇の中にいるってこと、ですよね。
お盆で帰ってきた方々も...そこにいるということ、なんだろうと思うんですが。

なーんにも見えないです、わたしは。
感じることもできないし、正直に言えば、居るのかどうかなんて普段は考えもしない。
ただ御本尊を見て、位牌を見て...居るのかなぁ、なんてちらっと思いましたけど。

普段は1日中灯っているわけじゃない、蝋燭の明かり。
お焼香したらすぐに消してしまう、1対の炎。
最近は、蝋燭を象った電球みたいなのがあって、それを使う家も多いらしい(かくいう伯父の家もそうだった)
だけどこれって、一体何のために灯しているんだろう。
お盆の迎え火はわかるんだけど。
普段は居ない人のために灯しているの?
それとも、普段もそこに居る人のために灯すべきなの?

...何だかよくわからない世界だなぁ。
生きている人間のすることだから、それも当然なのかもしれないけど。

[PR]
by gekka131 | 2006-08-14 23:30 | 日記

コメント大歓迎。ただし私が不適当と感じたものは削除させて頂きます。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30